視聴者から逃げない

作ることだけではない

動画投稿にとって必要なのは作り出すこともそうだが、それ以上に避けられない障害として立ちはだかるのは『視聴者』だ。昨今のテレビなどを見れもらえれば分かると思うが、ここ数年はテレビに対して求められるプライオリティが飛躍的に向上している。良点と言えなくもないが、テレビ局にしてみれば足踏みをしてしまう要因にもなっている事が否めない。

そのような風潮になったのも、やはりテレビ局が意図的に事実を歪曲して作り上げたフィクションが度を越したものとなっている作品が多くなっていることに起因している。中には検証してもいない案件をあたかも当然のように発表して、科学的根拠なども証明されていないのに悠々と紹介する番組などが放送されるなどして問題になった。

こうした不祥事は多発してしまったがため、視聴者がテレビに対して不信感を抱いてしまうということも増えてしまい、事実に基づいていなければ放送していてはいけないと当たり前のことを、何より重視するようになる。大切なことだが、それを欠いていた制作現場が続いていたことも認めなければならない。色々な問題はあるが、こうした視聴者という点はYoutuberと呼ばれる動画投稿を行っている人々にも共通している。むしろ彼らにとって視聴者を味方につけなければ生計すら立てられないため、必然的に動画は『興味関心を引くことが出来る作品である』というのが、前提として置かれていなければならない。

再生数が上がらなければ意味がない

Youtuberとして活動することが現代において新しい職のあり方のように表現されているのをよく見かけるようになってきたが、この動画投稿で生計を立てることが楽しいことだと思えるようになるまで、どれ程の時間が掛かるのかを考えて見たい。上手くすれば少しの動画投稿で知名度を上げることも出来るかもしれないが、一生知名度を湧き立たせることは出来ない人もいるという現実もある。結論から言うと、テレビCMで放送されて話題を集めているYoutuberは確かに成功している人々の一例だ、だが彼らのようになる人間は一握り、大半が目が開く事無く細々とした活動を強いられるようになるのが大多数の真理ともいえる。

動画投稿者にとって視聴者、つまり動画を見てもらえる人という存在が何より重要な存在となる。テレビ番組でもそう、視聴率が悪い作品は軒並み打ち切り候補としてドンドン終了の憂き目にあってしまうものだ。それと同じものだが、動画投稿は素人が制作しているため飽きられる確率は格段に高い。ではどうしたらいいのかという問題が生まれると思うかもしれないが、それこそ単純にただ『面白い』と思う動画を作るしかないのだ。それ以上でもそれ以下でもなく、ただ純粋な意味で面白い物であればそれこそ再生数は上がっていく。

継続は力なりを実現できるかどうか

中には一度か二度、話題性抜群の動画を作って多くの人に見てもらえたことで広告収入を得ることが出来たケースは幾らでもある、それこそ数十万円という広告収入が得られてしまうと、これからもこれだけ収入になるという思い込みに浸ってしまうのは要注意。大抵その場合持続した視聴者層を獲得することが出来ず、意気揚々と動画投稿で生計を立てるというやり方では限界があると悟るのは早い。どれだけ人の関心を引くことが出来るかによって動画投稿での生計が可能かどうか、その鍵となる。

人々の関心が向けられているかも、1つの指針

Youtubeなどの動画を見れば分かると思うが、この動画をどれだけの人が視聴しているのかという『再生回数』が表示されている。人の心理は大きいものに惹かれるように、特に再生回数が100万回という数字を記録していれば、それだけ人気があるのかと興味を引かれる。

動画投稿で視聴者を稼ぐためには、この再生回数というのも人気を示す指針となって、それにつられて再生する人を呼び寄せられるかも鍵だ。

ユーチューバーって何だろう?

今やインターネットを使うことで音声だけでなく、映像も一瞬で送信することが出来る。誰でも簡単に利用することが出来るこのサービスを利用して、Youtubeでは『ユーチューバー』なる人々が誕生しているという。初めて聞いたことがあるという人もいると思うので、ここではそんなユーチューバーについて色々な事を紹介していくサイトとなっている。