事実をキチンと受け止める

お金だけもらえればいいというモノではない

こうした厳しい収入事情を鑑みると、ユーチューバーになれば将来臨んでいたような生活を実現することが出来ると安易に考えているのであれば、現実に打ちのめされるだろう。しかしこれが事実だ、日本のYoutubeを用いた宣伝広告のビジネス事情はまだまだ発展途上にあると言われている。そもそも動画を製作すると言う手法そのものは動画投稿という形が登場するまで存在していた。素人でも簡単に編集できるようになったのもパソコンの登場から、インターネットが普及して自分が作った動画をアップして面白いと感じてくれる人々に向けて製作しているのをみてもらうというのは、たやすいことではない。

確かにユーチューバーとして活躍している人達の中には、トップクラスの人になれば1つの動画が100万回を超えている人もいる、しかもその本数がドンドン増えれば増えるほど、収入も期待できる。それだけの人気とファンを獲得することが出来たら先行きは安泰といえるかもしれないが、そこまでになるのにどれくらいの時間を掛けて精進していかなければならないのか、そこが気になるところ。お金のためだけに動画投稿をするというのも間違っていないが、根本から考えると本質から逸脱しているとしか言い得ない。それに動画投稿をして自分の顔を全世界規模にばら撒いている時点で、危険な状態にあると考えているかが問題だ。中にはとにかく再生回数を増やすためにあらゆることを動画投稿して行っている人もいるが、果たしてそれが本当に憧れに近い尊敬へと変わるかと問われると、かなり微妙なところだろう。

人から嫌われてもやり続ける覚悟

ユーチューバーに対して好意的な目線で好まれるかといわれるとそうでもない、インターネットの匿名性を生かして誹謗中傷を行ってくる人間は必ずいるものだ。勿論純粋に動画が面白くて毎日見ていても飽きないという人もいるが、中には明らかに嫌われることで再生回数を増やしているというパターンもある。

嫌われて何ぼのもの?

ユーチューバーとして活動している人の中にはどう考えても嫌われている人もいる、それを逆に売りにして再生数を稼いでいる人もいるが、それが正しい動画投稿のあり方なのかといわれるとさもありなんだ。動画投稿で曝される姿、世間的に言えば炎上キャラを装うというのは勇気がいる。芸能人にもそうしたキャラ特性を生かした戦略が立てられているケースを見かける事はあるが、この場合は何か身の危険が迫るようなことがあれば事務所が守ってくれるなどしてくれる。

しかしユーチューバーについてはあくまでいち素人が投稿しているだけに過ぎない、中には既に企業化している人もいるかもしれないが、それでも芸能人の炎上キャラと、ユーチューバーの炎上キャラではその身に降りかかる火の粉は、直接的な被害を蒙る。それで再生回数が増えて稼げれば十分だと割り切るのもありかと思うが、評判としては決して良くない。

最近はユーチューバーを利用した宣伝などを行っている企業も存在するが、攻撃的すぎる態度を前面に出した素人を企業は使うはずない。今の時代、コンプライアンスが大きく問われる時代に会社の品質を下げかねない宣伝を製作するのは割に合わないからだ。再生回数が増えて満足するかといわれると、空しさだけしか感じないのは筆者だけだろうか。

有名になれるというのはある

顔をネットで公開するため、本名はともかくとして顔だけなら誰でもその存在を認識することは出来るだろう。ただ有名になるにしても、正義と悪といったような分かりやすいもので表現されればまだマシかもしれないが、どっちつかずの作っているだろうキャラでひたすら炎上するという設定で顔を公開するのとでは、訳が違いすぎる。本人は良しとしているのかもしれないが、実際炎上キャラとして活動している某ユーチューバーは酷い嫌がらせを現実の自宅にて行われたという。

また数字を稼ぎたいがために、同業者に対してキャラを生かしたけんか腰の態度を示すなど些か度を越しているのではないかと感じる点も多々ある。有名といえば有名なのかもしれないが、いち素人が演じるという意味で正直そこまでの覚悟を背負える人間はいないだろう。

今は何かともてはやされているユーチューバーだが、その展望に待っているのは明暗はっきりした現実だ。純粋な意味で10代の青少年達から親しまれるという意味ならまだしも、炎上することを前提にして、オマケに子供を騙すことを生き甲斐にしているようなキャラを演じているのとは訳が違う。有名になりたいという願望を持っているのかもしれないが、筆者に言わせれば人によってはやり方を間違えているのではないかと感じてしまう。

ユーチューバーって何だろう?

今やインターネットを使うことで音声だけでなく、映像も一瞬で送信することが出来る。誰でも簡単に利用することが出来るこのサービスを利用して、Youtubeでは『ユーチューバー』なる人々が誕生しているという。初めて聞いたことがあるという人もいると思うので、ここではそんなユーチューバーについて色々な事を紹介していくサイトとなっている。